iPhone 脱獄ツールの greenpoins0n がひさびさにアップデートされました。今回の更新は iOS 4.2.1 でのヒモなし (Untethered ) Jailbreak の実現。iOS 4.2.1の脱獄そのものは別のハッカーチーム Dev-Team が別のツール Redsn0wで成功していましたが、iPhone 4 や iPad、三代目 iPod touch、iPhone 3GS (後期) など最近のデバイスでは、再起動するたびにPCにケーブル接続しなければならないひも付き ( Tethered ) 状態になる制限がありました。今回リリースされた最新版 greenpois0nではその制限を回避することができます。dev-teamのMuscleNerd 氏によれば、redsn0wでヒモつき脱獄運用していたユーザーはそのままgreenpois0n を適用可能 (赤は緑の改変するブートシーケンス部分に触れないため)。とはいえ、なんだか分からないままにダウンロードして実行してハイハイとクリックし続けた結果デバイスが起動しなくなっても、本来の使い方ではないためアップルは助けてくれません。

p0sixninja (Twitter)
source greenpois0n