Amazon Kindle のソフトウェアアップデート v3.1 先行プレビュー版が公開されました。主な追加機能は書籍へのメモやハイライトを公開・共有できる Public Notes、および紙本とおなじページ数を表示するreal page numbers。パブリックノートは、本に追加したハイライトや注釈を任意で公開しフォロワーから参照可能にする機能。友人・知人とおなじ本を読む場合はもちろん、著者や書評家、研究者などが書き加えたノートをある種の追加コンテンツのように参照したり、Amazonが集計した人気ハイライトを確認しつつ本を読むことができるようになります。

実ページ数表示は、紙本バージョンとおなじページ数をデジタル版でも表示する機能。単に紙をスキャンしただけではない電子書籍では一画面に表示できる文字数がデバイスやフォントサイズによって変わるため「どの部分を読んでいるか」とページ数が必ずしも一致しませんが、実ページ数が表示された Kindle版書籍では紙と同じ数字でページを参照することができるようになります。Amazonによれば、実ページ数はすでに「数万冊以上」のKindle版書籍に追加済み。表示はKindleデバイスのほか別プラットフォームのKindleアプリにも今後追加されてゆく予定です。

そのほかの追加機能は本を読み終わった時点で評価やソーシャルネットワークへの感想ポスト、パーソナライズされた「次に読むなら」お薦めや同じ作者の著書などにシームレスに移行する Before You Go、新聞や雑誌の新レイアウトなど。プレビュー版のアップデータはリンク先のKindleサポートページからダウンロードできます。正式版はプレビュー終了後に自動的に配布される予定です。