iPad版 Opera Mini ブラウザ、MWCで公開へ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年02月13日, 午前 04:51 in ios
0シェア
FacebookTwitter

まもなく開幕するMWC 2011に向けて、携帯ブラウザの雄 Opera も新製品の発表を予告しています。発表文は携帯で Opera ブラウザを使うユーザーが1億人 ( / 月) を超えたこと、うち9040万人が Opera Miniを、1500万人がOpera Mobileを利用していることに触れたのち、さらに拡大してゆくモバイルウェブに対して Opera も新バージョンを展開します、という内容。Opera Mini ブラウザの新バージョンは Android、iPhone、J2ME、BlackBerry、Symbian向けに加えて、新たに iPadにも対応します。

念のためおさらいすれば、Opera Mini は携帯の非力なプロセッサや遅い回線にあわせて、Operaのサーバ側で目的のページにアクセスし中間コードを生成・圧縮してから端末に渡す形式のブラウザ。iOS版は昨年から提供されているものの、iPadの解像度には対応せず拡大モードの粗い画面でしか使えませんでした。iPad版の詳細については明かされていませんが、CESでAndroid向けにデモされていた Opera for Tablets のような大画面向け UI が期待できます。またデスクトップ版 Opera のモバイル向けにあたるフル機能ブラウザ Opera Mobile のほうは、Android 版とSymbian版の新バージョンがデビューする予定。Opera Mobileは App Store の審査を通っていないため、今回も iOS向けは登場しません。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ios, ipad, mwc 2011, Mwc2011, opera, opera mini, opera mobile, OperaMini, OperaMobile, symbian
0シェア
FacebookTwitter