サムスンのMWC 2011発表には、携帯電話ではないGalaxy S WiFi もラインナップされています。iPod touch が 電話抜きの iPhoneと呼ばれるように、Galaxy S スマートフォンから携帯電話ネットワークへの接続機能を除いた製品です。サムスンはそれこそ iPodよりも古いデジタル携帯音楽プレーヤのメーカーであり、以前よりAndroidベースのアプリ対応製品も展開してきましたが、Galaxy S の大成功を受けて社内で携帯電話部門が携帯メディアプレーヤも担当するようになったことから、「YPシリーズのGalaxy Player」だったこの製品も正式に「Galaxy S WiFi」と命名されました。

携帯電話の Galaxy S との違いは携帯電話ネットワークに単体接続できないこと。またディスプレイは有機ELではなくスーパークリア液晶を採用しています。Samsung Mobile のページには Galaxy S WiFi 4.0 と 5.0の2モデルが掲載されており、それぞれ4インチと5インチ画面を備えると考えられます。Galaxy S WiFi の詳細はMWC 2011でまもなく発表される見込み。