マーガリンの底からAndroid端末を発掘

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年02月15日, 午後 04:30 in android
0シェア
FacebookTwitter

ノルウェーの平和な家庭を襲った悲劇。夕食にマーガリンを使おうとしたTone Thorsrudさん(25)の兄が、底にあやしいものを発見し、掘り出してみたところ、HTCのAndroid端末 Tattoo が出てきました。工場からの異物混入は、まあ時々ある話ですが、さすがにスマートフォンまるごとというのはなかなか豪快です。おかげで世界的に報道されてしまったのマーガリンは Bremykt という製品名で、製造するのはノルウェーの Fjordland社。せめて新品だったら、混入マーケティングとでも言い張れたかもしれません(あわせて読みたいブラジルの例)。おそろしいことに端末は電源が入ったそうですが、ロックがかかっていたため持ち主は特定できなかったとのこと。さすがに今となっては持ち主が名乗りでるわけにもいかないでしょうか。それにしてもマーガリンの底から着信音が流れてきたらと思うとシュールすぎます。

[Thanks, Arif]

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, Bremykt, Fjordland, htc tattoo, HtcTattoo
0シェア
FacebookTwitter