この一年でAndroidがどれほど急速に人気を拡大させたかと鑑みれば、コンシューマー分野に比べ、エンタープライズ分野への取り組みが遅れて見えるのも仕方ないことかもしれません。しかしそんな心配を吹き飛ばそうというのが、MWCで披露されているこちらのデモ。VMwareがLGと組んで、Androidでプロファイルを瞬時に切り替える様を展示しています。

プロファイルは端末のSDカード上に展開され、それぞれのプロファイルではアプリもメールもアドレス帳も独立に利用することが可能。おまけに、電話番号も切り替えられるとのこと。プライベート用と仕事用のプロファイルを用意して切り替えられるようにすれば、仕事用に望まぬ携帯電話を持つ必要もなくなりますが、開発検証機が何台あっても足りない方や、見られては困るアドレス帳やメールボックスを持つ人にも良さそうです。ただプロファイルを切り替えられるだけではなく、セキュリティのポリシーやリモートワイプ機能、メール設定など、あらかじめプロファイルごとに設定しておける(そして管理者以外は変更できない)といった環境作りも可能。エンタープライズ市場へ一直線という感じです。

本機能については年内に実際のLG製スマートフォンに導入される予定とのこと。これに伴って昨年末にはLGとVMwareが提携を発表していますが、本機能の提供がどこまで独占的なものかは不明です。続きにはMWCでのデモ動画と、過去の説明動画。