マイクロソフト、無償のKinect SDKを今春提供。研究者やハッカー向け非商用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年02月22日, 午前 09:32 in craig mundie
0シェア

バルマーCEOの語った「ふさわしい時」が早くもやってきます。公式 Microsoft Blog での告知によると、マイクロソフトは今春に、研究者やいわゆるハッカーを対象とした非商用 Kinect SDKを無償で提供するとのこと。Kinect は Xbox 360の「コントローラなし」ゲーム操作アクセサリとして60日間で800万台を売り上げた人気製品ですが、安価で高性能なセンサーとして各分野の研究者やアーティスト、ホビープログラマからも注目を集め、ゲームだけではないさまざまな Kinect ハックプロジェクトや熱心なコミュニティが生まれてきました。

マイクロソフトは早くから Kinect のオープン利用を容認する姿勢を示しており、USB接続をブロックしなかったのも意図的な設定であると語っていました。今回の発表はこのコミュニティを支援し、Kinect を使ったさまざまなナチュラルユーザーインターフェース (NUI) の裾野をさらに広げることが目的。マイクロソフトの最高研究戦略責任者 クレイグ・マンディ氏のコメントは、「マイクロソフトのナチュラルユーザーインターフェースへの投資は、コンピューターをもっと直感的に、ずっと便利にするというわれわれの長期的ビジョンにとって欠かせないものです」「そうした研究の成果は、Xbox 360 の Kinect を含め、マイクロソフトのさまざまな製品で現れています」。

春にリリース予定のSDKは Microsoft Research によって開発されたもので、「オーディオや システムAPI などKinect の深いシステム情報へのアクセスを提供し、Kinect センサーの直接コントロールを可能にする」内容。マイクロソフトはまた、この非商用向けの Kinect for Windows SDKとは別に、商用のKinect SDK を今後提供する計画も明らかにしています。

Microsoft Research News の告知

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: craig mundie, CraigMundie, kinect, microsoft, xbox 360, Xbox360
0シェア

Sponsored Contents