ソニーのVAIOタブレットはWindows 7 採用、スライドキーボード搭載

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年02月22日, 午前 02:33 in rumor
0シェア
FacebookTwitter

未発表 Androidタブレット " S1 " そして " S2 " の情報提供者からは、Windows 7 を採用したソニー製タブレットの情報もありました。こちらは 9.4型の画面とスライド式のキーボードを備える製品。10型に近いサイズでスライドキーボードの採用はやや奇異にも聞こえますが、サムスンの10.1型Windows タブレット / ネットブック 7シリーズ や Asus の Android 3.0タブレット Eee Pad Slider など、最近はよく見かける形式です。中身はPine Trail 世代の(つまり新世代ではない) Atom プロセッサ。の点もほかのすべての要素と同様に発売までに変更される可能性はあります。現状のターゲット価格はUS$799。ただしほぼ確実にこれより値上がりするだろう、と情報提供者のひとりは予測しています。出荷はこの秋、おそらく10月前後の見込み。Androidタブレットの S1 および S2 は VAIOではない独自ブランドで登場するとされていますが、VAIOタブレットのほうはあくまでWindows 7 PCとして、ネットブックの画面がスライドしてタブレット状にもなるコンバーチブルの位置づけのようです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: rumor, sony, tablet, vaio, windows 7, Windows7
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents