「世界で初めて地球軌道に乗るヒューマノイド・ロボット」となる予定の Robonaut 2、通称R2がいよいよ今週24日に国際宇宙ステーションに向かって飛び立ちます。NASAとGMが共同開発したR2は、スペースシャトル・ディスカバリーのラストフライトとしても知られるSTS-133ミッションの一環として打ち上げられ、到着から数か月待ったあと、さまざまな実験をこなしていく予定。気合の入ったNASA公式のトレーラーは続きにどうぞ。動画ページには「R2が地球に戻る計画はない」というおそろしい一文も。ほんとうに映画化されたら、きっと最後にはヘルメットを脱いで美女が現れるのだと思います。

[Thanks, Joe B.]