Google公式のYouTubeチャンネル AndroidDevelopers が、世界のいつどこでAndroid端末がアクティベーションされてきたかを「見える化」した動画を公開しています。対象期間はT-Mobile G1によってデビューを飾った2008年10月から、ごく最近となる2011年1月まで。iPhoneキラーとしてAndroidの地位を確立させたMotorola Droidと、昨年を代表するスマッシュヒットとなったサムスンGalaxy Sについては、発売日にどれほど盛り上がったかをカウントダウンで示す特別あつかいになっており、両機がいかにAndroid人気に貢献してきたかがよく分かります。日本でXperia SO-01Bの発売日(2010年4月1日)にぐっと盛り上がる様子もお見逃しなく。しかしこの動画からなにより読みとくべきは、Androidが登場からわずか2年強でこれほどの存在になったということかもしれません。

Android Central

[Thanks, Leo Z.]