iOS 4.3は3月11日リリース。Safari高速化、iPhone 4のホットスポット機能解禁など

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年03月3日, 午前 08:30 in apple
0シェア
FacebookTwitter
http://www.blogcdn.com/www.engadget.com/media/2011/03/20110302-10322071--img4602.jpg

iPad 2とともに、iOSの新バージョン 4.3 も発表されました。iPad 2の米国発売日と同じ3月11日(金)のリリース予定で、iPad 2はもちろん、初代iPadiPhone 4(GSMモデル)、iPhone 3GS、第3世代 / 第4世代のiPod touchがアップデート対象モデルとなります。アップデートはいつものように無料。メジャーアップデートは「今年のiPhone」登場まで持ち越しとなりそうですが、対象のiOS端末をお持ちの皆様にはなんであれ嬉しいお知らせです。

iOS 4.3での変更点としてプレスリリースで一番に語られているのは、モバイルSafariブラウザが高速化したこと。デスクトップ版 Safari 4 に搭載されている Nitro JavaScriptエンジンを備え、JavaScriptの実行速度が従来の2倍以上高速になったとアピールされています。

新機能として加わったのはPC / Mac内のiTunesライブラリデータを無線を経由して手元のiPadやiPhoneでも楽しめるiTunes Home Sharing。反対にiPadやiPhoneのデータをApple TVなどへストリーミングするAirPlay機能も強化され、サードパーティアプリやウェブサイト上の動画、iTunesアプリのプレビュー動画などをテレビで確認できるようになりました。

そしてVerizon版iPhone 4で解禁された無線ルータ化機能ことパーソナルホットスポットは、ついに従来のGSM版iPhone 4でも利用できるようになります。一度に接続できるのはWiFi経由で3台まで、Bluetoothで3台まで、USBで1台まで、合計して5台まで。日本のキャリアがどう対応するのかは今のところ不明です。(追記:国内では利用不可

そのほか、iPadのサイドスイッチを音声ミュートかスクリーンロックに割り当てられる設定なども地味に追加されています。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, ios, ios 4.3, Ios4.3, ipad, ipad 2, Ipad2, iphone, ipod touch, IpodTouch
0シェア
FacebookTwitter