HPが春商戦向けノート5機種を発表しました。うちミニノートの HP Mini 210 は春らしいピンク地チェック柄の季節限定エディションが加わり、エントリーモデル Mini 110 はデュアルコアのAtom N570 搭載に更新されています。Mini 210-2100 Special Edition は「 愛されカラー & 流行のチェック柄で女の子の気分を盛り上げる春限定のスペシャルモデル」。feat. AKB48の春キャンペーンにふさわしい(?) デザインです。

仕様は10.1型1366 x 768 ハードコート・クリスタルビュー・ディスプレイ(直販 HP Directplusモデル) または1024 x 600 (量販店モデル)、Atom N570、1GB RAM (1スロット最大1GB)、250GB HDD、VGAウェブカメラに4 in 1 メディアカードスロット、802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 3.0など。6セル約8.5時間駆動の標準バッテリー込みで約1.38kg。OSはWindows 7 Starter。量販店などでのみ販売されるMini 110-3600はディスプレイが10.1型1024 x 768、約4.5時間駆動の3セルバッテリー込み約1.19kg。メモリや無線周りなどは210とほぼ同等です。カラーはムーンライトホワイトのみ。

価格と発売時期は210-2100 が直販モデル4万9800円で3月下旬から、量販店モデルが店頭予想約5万円前後で4月7日から。110-3600は量販店モデル約4万円前後、4月7日から販売開始。