先日公開された iOS 4.3 の目玉であるテザリング機能、「パーソナルホットスポット」にさらなる秘密があるかもしれません。Tablet Monstersの記事によれば、iPhoneのパーソナルホットスポット機能でiPadを接続した場合、本来GPSを搭載しないはずのiPad Wi-Fiモデルであっても、iPhoneのGPSを利用した位置情報を取得できるとのこと。Wi-Fiモデルでも従来からアクセスポイントを利用した位置検出は可能でしたが、事実であればさらに広範囲 & 高精度の位置情報が利用できます。iPad 2だけでなく、初代iPadでも同じことができるとの話。Wi-FiモデルにもGPSを付けて欲しいという願いはiPad 2でも叶わなかったものの、アップルらしい統合的なアプローチで思いは実現したと言えるかもしれません。実演動画は続きに掲載。パーソナルホットスポットが使えない一部の国では、ますます不満が募ることになりそうです