先日開店したアマゾン独自のAndroidアプリストア Amazon Appstore は売価をアプリ開発者ではなく店側が決める、Android端末がなくてもウェブから買えるといった特徴を備えていますが、さらにAndroidアプリをブラウザからその場で試せるというユニークなサービス " Test Drive " も提供しています。始めかたは対応アプリの商品ページにある " Test Drive " アイコンを押すだけ。4つのボタンを備えたAndroid携帯のモックアップがアプリを起動した状態で現れ、ボタンや画面をクリックすることで本物のアプリを自由に試用できます。

技術的には、アマゾンのクラウドコンピューティング基盤 Amazon EC2 (Elastic Compute Cloud) 上のシミュレータで仮想Androidマシンを走らせ、映像・音声をストリーミングでユーザーのブラウザから出力する仕組み。携帯電話の製品ページなどで良くある「360度回せます」や「各部をクリックすると説明」のようにFlash (だけ) でモックアップを動かすのではなく、Android端末ごと再現してその上でアプリを走らせているため、アプリの機能は原則的にすべて使えるのがポイントです。ただし試用できるのは30分間のみ。またカメラやGPS、傾きセンサなど、仮想マシンが対応していない機能にはアクセスできません。

実際に試してみると、サーバサイド実行だけにリアルタイム性が高いアプリでは入力から反映までの応答時間が気になるものの、画面の動きはおどろくほど滑らかに違和感なく使えます。パズルゲームなどはマウス入力でもまったく問題なし。また仮想Android端末で動いていることから、アプリを終了できるどころか削除したり、ホームに戻ってAndroidのブラウザやギャラリーアプリを使う、設定に潜るといったことまで可能。現時点ではキーボード入力を無効にしてあるため任意のサイトに直接飛ぶことはできませんが、ブックマークやリンクを辿ることで無意味にウェブブラウズもできます。

Amazon Appstore for Androidは現在のところ米国向けのサービスのため、Test Drive も海外からは利用不可。つなげないこともありませんが、サーバまで遠いため余計に応答が遅くなります。