RoboTouch brings wired NES controllers to a wireless iPad

RoboTouch は iPad のタッチ操作ゲームをゲームパッドで遊ぶハック。iPad や iPhone ゲームを外付けコントローラで遊ぶにはドックコネクタ経由や Bluetooth 接続を使う方法がありますが、RoboTouch が異様なのは機械式の「指」を使うこと。ロボタッチの名のとおり、コントローラで指だけのロボットを操作してタッチさせているともいえます。

わざわざこんなことをする理由は、iOS端末側で脱獄など特別な対応をする必要がなく、またゲーム側がソフトウェア的にコントローラ入力を受け付けていなくても、ロボ指の取り付けかたによって多くのタッチ操作ゲームが遊べるため。作者 Joven 氏 (ProtoDojo) による実演動画では、画面上のタッチアイコンに合わせてロボ指を配置して Reckless Racing をプレイしています。

材料はNESコントローラと Arduino 基板、静電容量式タッチスクリーンに反応する「指先」パーツとサーボモータなど。作者は作り方を後ほどプロジェクトページで公開する予定。現在は定位置への単純な ON / OFFをボタンに割りふることしかできないため、遊べるかどうかはゲーム側のUIデザインに依存します。降ろす / 上げるだけでなくスライドできるようになれば、仮想アナログコントローラが表示されるタイプのゲームもなんとかなりそうです。

[Thanks, Chad]