カタールの英字紙 The Peninsula より。カタール大学の研究者が、ソーラー動力で滞空する「人工雲」の構想を発表しました。目的は2022年のFIFAワールドカップでスタジアムの上空に浮かび選手を直射日光から守ること。構想したカタール大学の機械工学者 Saud Abdul Aziz Abdul Ghani 氏によれば、人工雲は「軽量な炭素素材」製で「4つのソーラー動力エンジン」を備え、リモコンで移動させることが可能。想定コストは1台につき50万ドルながら、商用化にしたがってさらに低価格にできるだろう、としています。スタジアム以外の用途はビーチや駐車場など。つまり日除けが欲しいところ全般に呼び出されて時間貸しされる移動式の屋根のようなイメージ。日本の夏を冷やすにはもう少し大きなやつが必要になりそうですが、小さな個人用で空が渋滞する未来も楽しいかもしれません。

NBC
source The Peninsula