HTCが Android タブレット Flyer のプロモ動画を公開しました。HTC Flyer は サムスン Galaxy Tab と同等の7インチ1024 x 600 画面を備え、静電容量式マルチタッチに加えて独自のペン入力技術 HTC Scribe にも対応する製品。続きに掲載した約6分のツアー動画では、「A Tablet Like No Other」をうたう理由であるペン入力を中心に独自のアプリや機能を解説しています。

ハイライトを拾えば、
  • Androidタブレットではめずらしいアルミユニボディ (ただし厚みは13.2mm)
  • ステレオスピーカーとバーチャルサラウンド
  • ウェブページや文書にペンで自由に手書きメモやハイライトを追加・参照
  • 手書き / 写真 / 録音 / キーボード入力のテキストの混在メモ
  • 授業や会議を録音しつつメモを取ることで、メモから音声の頭出しが可能
  • メモは日付で自動的にカレンダーから参照可能
  • Evernote との同期
などなど。また動画では詳しく解説されていませんが、Flyer は HTC が出資したクラウドゲーミングサービス OnLive のクライアントアプリも搭載します。OnLive はサーバサイドでゲームを実行し描画結果だけをストリーミングする技術。一定以上のネットワーク帯域とレイテンシさえあれば、要求CPU / GPU / メモリが高い最新のPC用ゲームをタブレットやネットブックでも遊べることが特徴です。

Flyer の基本仕様は1.5GHz プロセッサ、1GB RAM、32GBストレージ、microSDHCスロット、背面5MP + 前面1.3MPカメラ、GPS、802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 3.0、3G (HSPA / WCDMA) 、Sprint版の EVO View 4GではEV-DO と WiMAXなど。OS は Android Gingerbread に HTC の Sense UI 。HTCはタブレット向けの Honeycombへのアップグレード提供も明言しています。