HPの個人向けノート Envy シリーズに、17.3インチ画面の最上位モデル ENVY 17-2000が加わります。高機能とデザインを兼ね備えたプレミアムライン ENVYシリーズのフラッグシップにあたり、主な仕様は17.3型フルHD液晶ディスプレイ、第二世代Core プロセッサ Core i7-2820QM (4コア 2.3GHz、Turbo Boost 時最大 3.4GHz、8MB L3キャッシュ)、最大 8GBメモリ、Radeon HD 6850 (1GB GDDR5)、1.28TB RAID 0やSSD + HDDのハイブリッドなどが選択できるデュアルHDD、USB 3.0ポート、Beats Audio スピーカー + サブウーファーなど。AMD Eyefinity にも対応し、最大3台の外部ディスプレイに接続し 5760 x 1080 の表示が可能です。HP DirectPlus の直販では構成により9万960円〜。発売は4月下旬以降。

またメインストリームの上でエンターテインメント寄りの Pavilion dv Entertainment PC シリーズでは、グラフィックとサウンドが強化された17.3インチモデル dv7-6000 (5万9850円〜) 、Core-i7にUSB 3.0など高性能なプレミアムラインと低価格なスタンダードラインを別に用意した15.6インチモデル dv6-6000 (4万9980円) がそれぞれ追加されています。こちらは3モデルとも4月中旬から販売予定。