パナソニックが容量100GBの片面三層BD-RE XL ディスクLM-BE100Jを発売します。 BD-RE XLは、Blu-Rayディスクの記録層を3層または4層にまで拡大するBDXL規格で可能になった記録用ディスクのひとつ。表面から0.1mmのあいだに3枚の記録膜が中間層を挟んで積層された構造です。パナソニックによれば、書換型100GB BDXLメディアの発売は世界初。傷や汚れから守りエラーを低減するため、堅いハードコート層と弾性のあるカバー層を組み合わせた独自の保護膜「タフコート」を採用することも特徴です。転送速度は2倍速 / 72Mbps。BDXL対応機器以外では使えません。

録画用としては、地デジの17Mbpsでは約12時間、BSデジタルの24Mbpsでは約8時間40分の記録が可能。低ビットレートモードならば100時間以上が記録でき、シリーズを一枚にまとめてモノとして保存したい需要に応えます。発売は4月15日、店頭予想価格は1万円くらい。ゴールドで高級感を演出されなくても大事にせざるを得ない価格です。