Twitter の公式 Blog で、検索機能の強化が告知されています。目玉はまともに使えるユーザー検索。従来の単純なアカウント名 / 名前マッチではなく、検索語に関連する人物のアカウントを表示してくれます。たとえば音楽のジャンルで検索すれば、単にその文字列が含まれるだけの日常つぶやき系アカウントまで羅列するかわりに、実際にそのジャンルのアーティストや情報発信アカウントが候補に挙がりやすくなっています。画像は " Jailbreak " で検索して代表的なハッカーチームのメンバーが表示された例。

さらにおまけ的な機能としては、高度な検索に「ポジティブ :)」「ネガティブ :(」のオプションが加わりました。こちらはユーザーごとに過去発言を自然言語解析し性格モデルを生成することでツイートの意図・感情を推定する技術ではなく、:) や : D など代表的な Emoticon でフィルタするもの。(´・ω・`) や \(^o^)/といった多言語対応は実装されていません。