アマゾン Cloud Player を追ってストリーミングに対応する Android の新 Music アプリが流出しました。おそらくGoogleの手違いで接続できてしまったテスト版 Android Market から入手したとの解説で、すでに各所で .apk ファイルがホストされています。新「音楽」アプリのバージョンは v3.0.336。タブレットの Android 3.0 Honeycomb 版 Music アプリに近いデザインになり、またストリーミング関連の設定が追加されています。

音楽プレーヤ部分は全体がシンプルになり、ギャラリーのような動的生成背景 (アルバムアートから取得) が使われています。縦位置では画面のどこでも左右にスワイプすることでアルバム・アーティスト・曲・ジャンルといったビューを切り替え、横画面ではドロップダウンを使用。あまり使われなかった従来の標準音楽アプリからやっとまともに使いやすくなった印象です。

ストリーミング関連の設定はクラウド側と接続するアカウントの選択、オフライン時に利用できない音楽をライブラリに表示するか否か、一度ストリーミングした曲をローカルにキャッシュするか、ストリーミング / ダウンロードのそれぞれについてWi-Fi 接続時に限定するオプションなど。ただしアカウントの選択は無効化されており、まだクラウドへの接続はできません。

またリンク先 Tech From 10 によれば、テストマーケットには「全年齢向け」や「成人向け」のコンテンツレーティングがあり、またカメラやギャラリーなど Google純正システムアプリの新版も並んでいたとのこと。ただし、カメラなどのシステムアプリはダウンロードしたものの起動できなかったとしています。2.3.4より新しい、もしかしたら次期 Android プラットフォーム Ice Cream 用なのかもしれません。

Business Insider
sourceTech From 10