ThinkPad Edge E420 / E520 発表、薄型 & マット天板の新デザイン

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年04月12日, 午後 03:00 in lenovo
0シェア
FacebookTwitter

レノボのThinkPad入門機 ThinkPad Edge シリーズに新モデル E420 と E520 が加わります。E420は14.0型、E520は15.6型のTFT液晶を採用しており、解像度はいずれも1366x768、光沢あり / なしを選択できます。そのほかの仕様はほぼ共通で、プロセッサは"Sandy Bridge"世代のCore i7-2620M / Core i5-2410M / Core i3-2130Mなどから選択可能。メモリは最大8GB、HDDは最大500GB。加えてDVDスーパーマルチドライブ、USB x 3、Express Card/34、4-in-1メディアカードリーダーといったところです。OSはWindows 7 Professional 32bit。デザイン面ではマット仕上げの天板を採用し、最薄部はいずれも29.3mm。標準6セルバッテリーで最大6.8時間駆動というところまで統一化されています。E420は重さ2.37kg、E520は2.6kg。

具体的な構成を挙げると、E520でCore i3-2310M、2GBメモリ、320GB・5400rpm HDDで10万3950円というのがミニマムな例。Core i5-2410M、2GBメモリ、500GB・5400rpm HDDだと11万9700円となります。発売日はプレスリリースによればE520は本日12日、E420は明日13日のはずですが、オンラインストアでは今のところ4月中旬発売という表示です。なお、同時にレノボからはThinkPad X220からやや遅れてThinkPad X220 Tabletも発表されています。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: lenovo, ThinkAboutLife, thinkpad, ThinkPad Edge E420s, ThinkpadEdgeE420s
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents