iOSにも、Androidにも、Mac OS Xにも、Windows Phoneにもあるのですから、次期WindowsことWindows 8にも標準のアプリストアがあって不思議ではないはずです。掲載したスクリーンショットは中国のcnBeta.comが入手したというWindows向けアプリストアの図。名前はシンプルにWindows App Storeとなっています。マイクロソフトはWindows Phone / Windows Mobile向けにはWindows Marketplace for Mobileという長い名前のアプリストアを提供していますが、このスクリーンショットが本物であれば、Windows向けには業界の慣習に従い App Store を名乗るもよう。ちなみにApp Storeという名称はアップルが商標を主張し、アマゾンの Appstore を訴える一方、マイクロソフトはApp Storeが一般的な語だとして商標登録申請の却下を求めています。cnBeta.comが得たという情報によれば、このアプリストアアプリはすでに完成しており、近々ベータリリースが行われるとのこと。若者のパッケージソフト離れはいよいよ深刻になりそうです。

[Thanks, Stephen]

Macgasm, ZDNet