ロジクール M325マウス国内発表、72段ラチェットの新ホイール採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年04月14日, 午前 10:16 in input device
0シェア
FacebookTwitter

Logitech / ロジクールの新マウス M325 が国内向けに発表されました。発売は4月28日、オンラインストア直販価格 2980円。M325はウェブブラウザ操作に最適をうたう製品で、スクロールホイールに新機構のマイクロラチェットを採用した点が特徴。一般的なマウスホイールでは回したときの「ひっかかり」が一回転につき18から24個 (ロジクール調べ) であるのに対して、M325は72個のマイクロラチェットにより滑らかで正確な操作が可能とされています。

またセンサーが新形式の「アドバンス オプティカルトラッキング」になり、従来の光学式よりも多くの素材上で操作が可能になりました。解像度は1000dpi。そのほかの仕様は Unifying USB ナノレシーバ採用の2.4GHz帯無線接続、単三電池 x 1本で最大18か月駆動、左右対称ボディに微細な凹凸つきラバーグリップ、4色のカラーバリエーションなど。サイドボタンなしなんてありえない、という場合はおなじくロジクール製の13ボタンマウス G700あたりをお薦めします。



 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: input device, InputDevice, logicool, logitech, m325, mouse
0シェア
FacebookTwitter