アップルがサムスンを提訴、「iPhoneとiPadを模倣」

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年04月19日, 午後 12:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter

大手企業を任意でふたつ拾いあげると高い確率で訴訟関係にあるモバイル業界に、最新の事例が加わります。Wall Street Journalによれば先週15日、アップルがサムスンを提訴する書類を北カリフォルニア地区連邦裁判所に届け出たとのこと。サムスンのスマートフォンとタブレットが、iPhoneiPadの「ルック & フィール」を模倣したというのが同社の主張です。具体的には Galaxy S 4G、Epic 4G、Nexus S、そしてiPadと同じ10.1インチモデルも登場した Galaxy Tab が問題視されています。リモコンは対象外。

AndroidとiPhoneの類似性(あるいは模倣性)についてはいろいろ議論のあるところでしょうが、なぜアップルがこのタイミングでサムスンをやり玉に挙げたのかは興味をひくところです。ほかのメーカーの端末やAndroidそのものは問題なくても、サムスンの端末デザイン、そしてサムスン端末が採用する独自UIのTouchWizは許せないということでしょうか。ご存知のとおりサムスンはApple A4 / A5チップなどiPhoneの部品製造も担っており、なんとも複雑な関係にあります。

同じようにiPhoneとAndroidをめぐる裁判といえば、アップルが大々的にHTCを訴えた例がありますが、一方で今回はサムスンとアップル間でライセンス締結、金額は未公表、というかたちであっさり落ち着く可能性も大いにあります。いずれにせよ裁判の行方はもちろん、両社の端末デザインのこれからが気になる話です。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, lawsuit, samsung
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents