Eye-Fi がダイレクトモードに対応、Androidアプリ公開

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年04月19日, 午前 03:10 in android
0シェア
FacebookTwitter

先週の予告どおり、Eye-Fi X2 カードにダイレクトモード対応のアップデートが提供されました。ダイレクトモードは Eye-Fi カードがSSIDを持ったソフトAPになることで、 カードから直接スマートフォンやタブレットのアプリに写真を無線転送できる技術。デスクトップアプリの新バージョン3.3.0 ではカードのネットワーク設定に「ダイレクトモード」タブが加わり、ダイレクトモード時の Eye-Fi の SSID とパスワードの確認、ダイレクトモードの接続待機時間などの設定ができるようになりました。そのほかの新規機能はカシオのカメラ TRYX (EX-TR100、国内延期) への対応など。

ダイレクトモード対応のモバイルアプリについては、iOS 版 (4.0以降)が従来の Eye-Fi アプリへの機能追加アップデートとして4月末に提供予定。現在 App Storeの審査待ち。Android版 (2.1以降) はすでにマーケットで無料アプリとして配布されており、5月中旬には日本語版が提供される予定です。

ダイレクトモードを利用するにはカード側のファームウェアを 4.5021以上にアップデートする必要があります。しかしEye-Fi 日本サイトのサポートページでは、ファームウェアアップデートに失敗する障害が発生しているため、「ご迷惑をおかけしますが、不具合修正まで今しばらくお待ちください」とのアナウンスが掲載されています。

Eye-Fi アプリ (Android マーケット)
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, direct mode, DirectMode, eye-fi, ios
0シェア
FacebookTwitter