東芝からグラスレス3D対応dynabook Qosmio T851、2D混在や顔追従に対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年04月20日, 午後 03:00 in dynabook qosmio
0シェア
FacebookTwitter
東芝がAVノート dynabook Qosmio の新モデル T851 を発表しました。特徴は専用のメガネを必要としない裸眼立体視機能 グラスレス3Dに対応すること、さらに3D と 2D表示のウィンドウを混在させて同時表示できること。グラスレス3D表示ではWebカメラで視聴者の顔の位置を認識するフェイストラッキングと、偏光を動的に制御できるアクティブレンズにより、ノートの前で動いても正しく3D表示を維持することが可能です。さらに 2DソースのSpursEngine を使った3D変換にも対応。

ノートとしての基本仕様は15.6型Clear SuperView LED液晶 (2D時1920 x 1080、3D時1366 x 768相当)、Core i5-2410Mプロセッサ、8GB DDR3-1333メモリ (4GB x 2)、GeForce GT 540M、750GB HDD、BDXLへの書き込みに対応した BDドライブなど。インターフェースはUSB 2.0 x 3 に加えて USB 3.0 も1ポート、HDMIやVGA出力、アナログ音声にLANなど。地上 / BS / 110度CSデジタル対応ダブルチューナーも搭載します。OSはWindows 7 Home Premium 64bit。発売は7月下旬、価格はオープン、店頭予想23万円前後。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dynabook qosmio, DynabookQosmio, glassless 3d, Glassless3d, qosmio, qosmio t851, QosmioT851, spursengine, toshiba
0シェア
FacebookTwitter