NTTドコモの一部FOMA端末で音声通話のできない不具合が発生しています。4月19日の午後11時ごろ、同社がネットワークの設定を変更したところ、不具合が発生したとのこと。原因は調査中。対象となるのは白色FOMAカードを利用するFOMA端末の「ごく一部」。ネットワーク設定の変更が240万人分であったため、影響する範囲も最大240万人ということになります。不具合が発生した端末では発着信ができなくなりますが、パケット通信は普段どおり利用できるため、音声通話をそれほど利用しない人ほど気付きにくいのは困ったところ。電源のオン / オフで回復するということなので、そういえばこのごろ着信がないという方は念のため再起動してみると良さそうです。

[via 産経新聞]