盗難防止にRFIDいりタオル、米国のホテルで採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年04月21日, 午前 11:08 in linen
0シェア
FacebookTwitter

「みんなやってるから」「もともとそれを織り込んだ宿泊料金だから」と旅行に行くたびにホテルの備品を無断持ち出ししている人はこれからちょっとした緊張感を味わえそうです。米フロリダの企業 Linen Technology Tracking がホテル向けに提供するのは、300回の洗濯に耐えるという洗えるRFID。タオルやバスローブ、シーツなどに直接縫い込むことができ、利用者が「うっかり」持ち出そうとすると従業員にアラームで知らせる仕組みです。

リンク先の Time によると、導入したホノルルのホテルでは昨年夏以来 1万5000ドル近く出費を抑えることができ、タオルの盗難率は導入前の 1 / 4 以下に減少したとのこと。またこのシステムは盗難防止のほか、ホテル側のタオルやリネン類管理にも活用が可能。記事では ホノルル、マンハッタン、マイアミの3ホテルがすでに導入済みとされていますが、当然ながら名称は非公開。このシステムが実際には存在しなかったとしても、記事になるだけで盗難率は下がりそうです。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: linen, rfid, towel, tracking
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents