日立マクセルが iPhone 4 用のワイヤレス充電パッドを発売します。先日パナソニックも対応製品を発表した無接点充電規格「Qi」(チー)を採用しており、特に Qi には対応していないはずの iPhone 4 には専用のスリーブを着用する仕組み。パッドとスリーブをあわせれば、iPhone 4でワイヤレス充電を実現できます。似たような製品は過去にもありましたが、Qi は72社が加盟する業界団体 Wireless Power Consortium が定めた標準規格なので、これから拡充の期待される Qi 対応製品も同じパッドで充電できるのが強み。マクセルのプレスリリースには「店舗や公共施設への普及も期待されます」とあって、確かにレストランのテーブルの一角が充電パッドになっていると便利そうです。

パッド内は複数のコイルをレイアウトしたコイルアレイ方式を採用。一台だけ充電できるシングルタイプと、二台同時に充電できるダブルタイプがあります。発売日はダブルタイプとジャケットが4月25日、シングルタイプは来月の予定です。