Microsoft launches API Mapping tool to help iPhone devs point their apps to WP7 libraries
後発のWindows Phone に開発者を集めたいマイクロソフトが、iPhone の iOS から Windows Phone 7 への API マッピングツールを公開しました。iOS アプリの開発者が既存のアプリを Windows Phone 7 へ移植する際、あるいは新規にクロスプラットフォームアプリを開発する際に、両プラットフォームで対応する API とドキュメントを参照しつつ効率的に作業を勧めるためのツールです。実態としては iOS 4.2のAPIインデックスや検索機能がついたウェブ上のドキュメント群で、「マイクロソフトと非マイクロソフト技術の架け橋」を提供するプロジェクト Interoperability Bridges の一部として提供されます。

公開当初は iOS のすべてのAPIを網羅しているわけではなく、ネットワーク / インターネット、ユーザーインターフェース、データマネジメントの3カテゴリについて、1:1の対応があるものから掲載されています。今後はカテゴリの拡大とともに、直接の対応がない場合、コンセプトとして近い機能のガイドなどが追加されてゆく予定。モバイル OS / プラットフォームは「開発者になにを提供できるか」でも激しい競争をつづけており、「(プラットフォーム名) ならでは」のアプリが消えることはないにしろ、クロスプラットフォームなアプリが増えるのは目移りしがちなユーザーにもうれしい話です。Windows Phone 7 と iOS については、マイクロソフトは「iPhoneアプリ開発者のためのWindows Phone 7 ガイド」といった文書も提供しています。

ZDNet
source Microsoft