ソニー・エリクソンが国内市場向けの Android スマートフォン、Xperia acro を発表しました。基本仕様は国内ですでに展開中の Xperia arc をほぼ踏襲しつつ、おサイフ、ワンセグ、赤外線通信といった日本向け機能を備えたのが特長です。主な仕様をおさらいすれば、4.2型・854x480解像度のReality Display & クリアブラックパネル、1GHzのSnapDragonプロセッサにAdreno 205 GPUといったところ。カメラは有効810万画素・HD動画撮影に対応したのExmor R for mobileセンサに、F2.4の明るいレンズという組み合わせ。Android 2.3 "Gingerbread"を採用し、HDMI端子を備えます。

カラーはブラックとホワイト。どのキャリアから登場するのかは明かされていませんが、ドコモは「おサイフ対応Xperia arc」を夏モデルで発表すると予告済。さらに振り返れば、KDDI / auがやはり「おサイフ対応Xperia arc」を投入するという日経の報道もありました。今年夏という発売予定時期を考えれば、近々キャリアからも発表がありそうです。