米HP がネットブック HP Mini 210 のリフレッシュを発表しました。10.1型ディスプレイなど基本仕様はそのままデザインが一新され、オーディオ機能に HP の上位ノート製品とおなじ Beats Audioが採用されます。新デザインは HP のコンシューマーノート向け「デザインフィロソフィー」である " MUSE " ( Materials, Usability, Sensory appeal , Experiences) を発展させたもので、プレミアム路線の ENVY に似た要素を取り入れています。

具体的には光沢のある6色の外装カラーがパームレストやキーのあいだまで覆っていること、段差がないタッチパッド (ボタンはクリック感のある物理ボタン)、バッテリーが標準6セルでフラットになったことなど (駆動時間はHPの資料によって8.8時間だったり9.5時間だったり。バッテリーオプションの構成はまだ不明)。従来モデルがヒンジ周りの構造などやや無骨で直線的な印象があるのに対して、新モデルは全体にすっきりした曲面デザインになっています。HP Mini 210の新モデルは米国で6月15日から販売予定。価格はチャーコールグレーが299ドル、そのほかのカラーは30ドル増し。