今年の夏はもっと目立たないウェアラブルカメラが欲しい、という方がどれだけいるかは分かりませんが、エクストリームスポーツとウェアラブルカメラの組み合わせによる派手な一人称視点動画がそれなりに一般的になった今日このごろ、GoProやContourなどウェアラブルカメラ市場もそれなりに広がりを見せているようです。ヘルメット用カメラを販売するTachyon社の新製品、Tachyon OPS / Tachyon OPS HDもそんなウェアラブル用途にうってつけの製品。小型のTachyon OPSは57 x 24 x 24mm、28.3gとヘルメットカメラとして世界最小・最軽量を謳っています。OPS HDは多少大きくなって73.5 x 30 x 30mm、34g。

肝心の映像品質については、Tachyon OPSが640x480のVGA解像度で30fps、AVI形式。OPS HDは名前のとおり720p・30fpsのHD動画に対応し、H.264形式。視野角はOPSが90度、OPS HDは135度。いずれもバッテリ駆動で2.5時間動作します。動画のほか、2秒間隔のコマ撮り撮影にも対応。対応メディアはmicroSD。三脚やヘルメット用のマウントが同梱されるほか、ショットガンマウントなど物々しいマウントも別売オプションとして提供されます。発売次期と価格はOPSが6月に89.99ドル、OPS HDは7月に139.99ドル。