折りたたみ電動バイク YikeBike に (比較的) 安価な新モデル Fusion

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年05月16日, 午前 02:44 in ebike
0シェア
FacebookTwitter
折りたたみ電動バイク YikeBike に新モデル " Fusion " が加わりました。YikeBike は20秒以下で折り畳むことができ (体積1.5立法フィート、約43リットル) 、車載はもちろん携行もできる小型電動バイク製品。初代の " Carbon " モデルは定価 3795米ドルとかなり趣味的な価格であったのに対して、新たに追加された " Fusion " は 1995ドルと半額近くになりました。違いは " Carbon " が炭素繊維素材で約 10.8kg の重量を実現していたのに対して、" Fusion " はアルミ&複合素材製で約14kg とやや重くなっていること。

本体重量以外の基本仕様は共通しており、45分充電で10km走れる LiFePO4 バッテリーも変わりません。バッテリーの再充電サイクルは「最低1000回」以上。また交換用バッテリーを携行することで、ひとつにつきさらに10kmずつ走行距離を伸ばすことも可能です (交換用バッテリーは約200ドル・重さ約2kg)。続きにはどうやって走るのかがよく分かる動画と畳んだ状態の画像を掲載。展開するとなんだか組み立てを間違った子供用三輪車のような風情の YikeBike ですが、畳んだ状態は意志を持って集団で人を追い回しそうな格好良さです。YikeBike Fusion はメーカー公式のオンラインストアで直販中。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ebike, transportation, yikebike
0シェア
FacebookTwitter