ドコモ Android でテザリング解禁、夏モデルはXperia acro以外対応

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年05月16日, 午後 04:15 in android
0シェア
FacebookTwitter

事前予告となったドコモ AQUOS PHONE SH-12C でしれっと解禁されたAndroidスマートフォンでのテザリング機能は、本日発表された夏モデルでほぼ標準機能となりました。「ほぼ」というのは、発表されたAndroidの8モデル中、Xperia acro SO-02Cだけが非対応だから。同時接続数はOptimus bright L-07Cのみ8台、ほか6モデルは5台となっています。

なおテザリングの利用にはspモードの契約が必要。またパケット定額プランでテザリングを利用すると「パソコンなどの外部機器を接続した通信」あつかいになります。たとえばスマートフォン利用時に推奨されている「パケ・ホーダイ フラット」の場合、パケット料金は従来の定額5460円ではなく、上限は最高1万395円に。一方、FOMA定額データプランの場合は月額利用料金上限額でそのまま利用できます。またテザリング利用時は、ネット接続 / メールサービス以外のspモード機能が利用不可。料金うんぬんはさておいても、Xperia acroや既存端末もアップデートで対応してほしいものです。

ドコモ資料(PDF)

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, docomo, ntt docomo, NttDocomo, tethering
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents