INFOBARがAndroidスマートフォン化、おサイフ・赤外線・ワンセグ対応

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年05月17日, 午前 11:05 in android
0シェア
FacebookTwitter

KDDIがau夏モデルのひとつとして、iidaブランドから初となるスマートフォン INFOBAR A01 を発表しました。デザイナーは今回も深澤直人氏。ハードウェアだけでなく、ソフトウェア面でも「操作そのものに喜びを感じられる」独自のiida UIを搭載するのが特長です。仕様はディスプレイが3.7型・960x540解像度、カメラは805万画素・AF & ライト付き、microSDスロット、Bluetooth 3.0、802.11 b/g/n WiFiといったところ。おサイフ、赤外線、ワンセグに対応します。Androidはバージョン2.3。

大きさは118 x 63 x 11.8mm、重さは113g。カラーはおなじみのNISHIKIGOIをはじめ、KURO、HACCA、CHOCOMINTの4種類。アクセサリには5色の バンパー カバーや、上質レザーケース、ジャケット、巻きとれるアダプタなど。発売は7月上旬以降です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, au, infobar, kddi
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents