デル XPS 15z発表。15.6インチノートで世界最薄級、9万9980円から

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年05月24日, 午後 01:30 in dell
0シェア
FacebookTwitter

デルが新作ノート XPS 15z を発表しました。先日よりティーザ広告を実施し、発表に際しても「なにもかもが最高レベル」とうたう、同社の自信作です。ディスプレイサイズは15.6インチ。厚さ24.68mmはこのサイズでは世界最薄クラスとのこと。重さは「わずか2.51kg」です。中身には"Sandy Bridge"世代のインテルプロセッサに、NVIDIA GeForce GT 525Mを搭載。DVDスーパーマルチドライブや130万画素HDカメラも備えます。インタフェースにはHDMI、mini DisplayPort、USB 3.0 x2、USB 2.0/eSATA、9-in-1カードリーダーなど。キーボードは防滴設計のアイソレーションデザイン。バッテリは8セルで、最大8時間22分駆動となっています。

例によって複数のパッケージが用意されており、現在最安の「プレミアムパッケージ」はCore i5-2410M、4GBメモリ、500GB 7200rpm HDD、220ニット・1366x768解像度ディスプレイ、1GB ビデオメモリという構成で9万9980円。最上級パッケージではCore i7-2620M、8GBメモリ、750GB 7200rpm HDD、300ニット・1920x1080解像度ディスプレイ、2GB ビデオメモリと各所がパワーアップして12万9980円。本日5月24日の発売です。続きには本家Engadgetによる実機動画を掲載しています。




左がXPS 15z。念のため。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dell, xps, xps 15z, Xps15z
0シェア
FacebookTwitter