デジタルメモ「マメモ」に手帳タイプ登場、microSDへの書き出しに対応

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年05月31日, 午後 09:00 in king jim
0シェア
FacebookTwitter

キングジムのデジタルメモ「マメモ」に手帳タイプ TM2 が加わります。初代の卓上タイプに対して大勢が抱いたであろう「持ち運びできるようにしてくれ」という願いをそのまま叶えた製品。抵抗膜式のタッチスクリーンは3.42型と一回り大きくなり、解像度は320x239。メモは最大99枚まで保存可能です。機能は引き続きいたってシンプルで、線の太さを3種類から選べるのと、ToDoと日付を結びつけてカレンダーに表示できること、パスワードロックが可能なくらい。ただし今回は記録したメモをmicroSDに書き出すことができます。出力形式は安全と信頼のBMP。

バッテリには単4アルカリ乾電池を使用し、1本で約1.5か月動作とのこと。電池交換時もメモは消えません。大きさは117 x 16mm、重さ125g。カラーは写真のオレンジxホワイトと、ブラックxブラック。6月17日発売予定、希望小売価格は7980円です。さすがにWi-Fi対応でクラウド同期といった展開は望めそうにありませんが、ショットノートアプリと連携してスマートフォンに取り込めれるようになればもっと面白くなりそうです。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: king jim, KingJim, mamemo, memo, stationery
0シェア
FacebookTwitter