Computex 2011の基調講演で、インテルがノートPCの新カテゴリ " Ultrabook " を発表しました。" Ultrabook " は2012年前半の " Ivy Bridge " を含む第二世代 Core プロセッサで実現する新たなノートPCカテゴリを指す言葉。具体的には現行の主流ノートと同等以上のパフォーマンスを備えつつ20mm以下と薄く軽く、タブレット的な使い勝手を備え、1000ドル以下を中心とした価格帯で販売されるノートとされています。製品の例はJonney Shih 会長みずから壇上に招かれて披露したASUSの薄型ノート UX21など。

" Ultrabook " 製品の出荷は今年のホリデーシーズンから。インテルは2012年前半に投入される22nmプロセス Core プロセッサ "Ivy Bridge " を、さらには2013年に登場する後継プロセッサファミリ " Haswell " を将来の Ultrabook のプラットフォームとして示し、2012年末にはノート市場の40%をUltrabookに移行させる目標を明らかにしています。