いまひとつ世界観の縮尺が分からない鳥投げゲー Angry Birds をリアル化する試みは、中国の類似品から公式トイまでこれまでもありました。しかしパチンコ大じゃあ満足できねえと思ったか、Harmeet Sangheraさんらが作りあげたのが写真のスリングショット。ゲームとシンクロして、おなじみの鳥どもを飛ばすことができます。続きに掲載した動画は、Sangheraさんが学ぶオーストラリア・クイーンズランド大学のインタラクションデザイン展で披露されたときのようす。はたして遊んでいるうちにストレスが解消するのか、それとも実際にもいろいろ壊してみたいなどと余計な欲求不満にならないのか、すこし心配です。

Nowhere Else