動画:NHKの手話CG翻訳生成システム

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年06月6日, 午後 04:15 in cg
0シェア
FacebookTwitter

NHKが手話ニュースを毎日放送していることは、多くの方がご存じのはずです。しかし、このところのように急な災害が起きた場合、一般的な速報ニュースを流すことはできても、手話通訳士を確保して手話でも同時に報じるのはなかなか簡単なことではありません。字幕で伝えることはできますが、生まれつき耳の不自由な場合は、手話のほうがわかりやすいとのこと。そこでNHK放送技術研究所が、日本語ニュースを手話に翻訳して、CGとして生成するシステムを開発しています。

手法としては、日本語と手話の対訳用例を用意し、それぞれの語を置き換えていく仕組み。単語間の遷移については自動的に生成しています。まだ翻訳できる文章は限定的で、うまく表現できないところは人手で修正を加えていますが、災害ニュースなどは定型的なぶん翻訳しやすいとのこと。続きに掲載した動画はDIGINFOによる、先月末に開催された技研公開2011のようす。今のところ素気ないモデルと背景ですが、お茶の間デビューの際はどのような形となるのか楽しみです。




 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: cg, nhk, nhk giken, NhkGiken, shuwa, sign language, SignLanguage
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents