マイクロソフト、独自ブランドの Windows 8 タブレットを計画か

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年06月9日, 午前 11:30 in microsoft
0シェア

いうまでもなく、マイクロソフトはソフトウェア & サービスの企業です。同社のキーボードやマウス製品を指して「ハードウェアは優秀」などと言われることはありますし、ほかにもXboxZuneKinのような自社ハードがないわけではありませんが、主戦場となるPC分野では一貫してソフトウェアを提供する役目を担ってきました。しかしそのMSが、Windows 8 タブレットについては独自ブランド製品を検討しているようだ、とDigiTimesが報じています。

記事で「サプライチェーン上流の情報源」として紹介されている話によれば、製造は台湾のOEM/ODMが行い、Texas Instrumentsのチップを利用するとのこと。登場は2012年末。Windows 8 については発表と同時に複数のメーカーが製造パートナーとして紹介されていますが、Android と Google Nexus One / Nexus S の関係を見ても分かるとおり、新プラットフォームでなにを実現するのか自ら手本を示すために、自社ブランド製品も投入するというのはそれなりに考えられるところです。あるいはアップルの成功を横目に、もっと本格的に垂直統合モデルへ舵をとりつつあるのか。

このところノキアとの提携もあれば、Acerからの締め付け批判もありましたが、いずれにせよMSが自社ソフトにふさわしいハードの姿について、これまで以上に注力しているのは確かなもよう。結果としてMSの考える理想のタブレットが出てくるならば、それはそれで見てみたいものです。

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: microsoft, windows 8, windows 8 tablet, Windows8, Windows8Tablet
0シェア

Sponsored Contents