紀伊国屋、ソニー、パナソニック、楽天が電子書籍の相互接続環境を実現へ

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年06月13日, 午後 05:00 in book
0シェア

紀伊国屋、ソニー、パナソニック、楽天の四社が「電子書籍の利便性向上に向けて、共同で取り組むことに合意」しました。具体的には、各社間で電子書籍端末と電子書籍ストアを相互に接続できる環境を、2011年後半に実現することを目指します。あらためて顔ぶれを見ると、マルチプラットフォームに対応した電子書籍サービス Kinoppy / BookWeb を展開する紀伊国屋、電子書籍端末 Reader と専用ストア Reader Store を展開するソニー、楽天ブックスに加えて楽天ダウンロードで電子書籍も取り扱う楽天、そしてこのところ電子書籍とはごぶさただったパナソニックという組み合わせ。現時点では「さまざまな電子書籍ストアから購入したコンテンツを、お客さま自ら一元的に管理できる環境」「リアル書店、ネット書店、電子書籍ストアの売れ筋情報が一目でわかるランキングを主体としたポータルサイト」といった以上の具体性はありませんが、ただ繋がっただけでない使いやすさ、そしてなんらかの形で登場するであろうパナソニック端末の出来などが気になります。

またプレスリリースによれば、四社は凸版・KDDI・ソニー・朝日新聞連合ことブックリスタとの連携も「検討している」とのこと。「コンテンツをひとつ買えば、いろいろな端末で楽しめる」という当たり前の実現に一歩近付きそうです。大日本印刷とドコモのトゥ・ディファクト、凸版とインテルのブックライブ、シャープとTSUTAYAのツタヤガラパゴスなど、名前だけが飛び交う電子書籍市場がますます混沌としそうですが、けっきょくユーザと出版社の支持を集めるのはどの陣営になるのでしょうか。



TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: book, books, ebook, ebooks, kinokuniya, panasonic, rakuten, sony
0シェア