NTTドコモが、自社の Android スマートフォンユーザー向けに、マカフィー製品を利用したアンチウィルスサービスを無償で提供します。サービス名は「ドコモ あんしんスキャン」。ウィルス定義ファイルを自動更新し、メールやファイル、インストール済アプリを対象にリアルタイムスキャンなどを行う、ごくごく一般的なアンチウィルスサービスです。対象端末はAndroid 2.1以上。

スマートになった携帯電話の行く末が、PC同様のマルウェアとの終わりなき戦いというのはなんとも皮肉なもので、「アンチウィルスが必要なほうのスマートフォン」と見なされてしまうのではと思わないでもありませんが、Androidマーケットにマルウェアが存在していた事実がある以上、「一人ひとりにベストなサービスと安心・安全を提供してまいります」というドコモの姿勢は、少なくともAndroid auとの差別化にはなるかもしれません。あんしんスキャン用アプリは7月1日公開予定、ドコモマーケットで提供されます。