携帯カメラとの組み合わせで無数にリリースされているものの決定的なアプリがないAR技術の話題。Augmented Reality Cinema は名称そのまま、ロケ地で画面を覗きこむとそこで撮られた映画の場面が再生されるコンセプトです。実際のプレゼンは続きをどうぞ。イメージ動画のようにうまくはまるのはなかなか難しいような気もしますが、映像ファンの聖地巡礼観光を促進するアプリとして、ストリートビューなどに追加レイヤーとして組み込まれると便利そうです。リンク先の augmentedrealitycinema.com にはこのイメージ動画がぽんと置いてあり、あとはカミングスーンと「映画スタジオ、開発者のご連絡お待ちしています」のみ。続きにもうひとつ、今回のコンセプトとは無関係なマイクロソフトのAR技術デモ動画を再掲。4分あたりからが見所です。