ソニエリ、コンパクトな Xperia ray と防水 Xperia active を発表

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2011年06月22日, 午後 09:00 in sony ericsson
0シェア
FacebookTwitter

ソニー・エリクソンが Android スマートフォン Xperia の新モデルを発表しました。コンパクトな Xperia ray と、防水対応の Xperia active の2種類です。

Xperia ray は超硬アルミ合金フレームを採用したスリム & コンパクトモデル。Reality Displayは3.3型と小さくなりましたが、解像度は854x480で Xperia arc / acro と変わりません。そのほか、1GHzプロセッサ、8.1メガピクセルカメラにExmor R for mobile センサ、モバイルBraviaエンジン、Facebook統合などのカスタマイズが施された Android 2.3 "Gingerbread" プラットフォームなど、大半の仕様は Xperia arc を踏襲。ただしHDMI端子は省かれています。バッテリ容量は1500mAh。薄さは9.4mm、重さ100gです。発売は今年Q3で、日本での導入もすでに予告されています。

一方の Xperia active は防水仕様モデル。耐泥、キズに強いスクリーン、そして濡れた指も認識する機能を備えます。ディスプレイは3型で320x480解像度。カメラは5メガピクセル。1GHzプロセッサ、モバイルBraviaエンジン、カスタマイズ済 Android 2.3 "Gingerbread"などは Xperia ray と共通。バッテリ容量は1200mAh。大きさは55 x 92 x 16.5 mm、重さ110.8g。アームケースやリストストラップが付属します。こちらも発売は今年Q3の予定。ただし日本での導入については言及されていません。写真は続きに掲載。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: sony ericsson, SonyEricsson, xperia, xperia active, xperia ray, XperiaActive, XperiaRay
0シェア
FacebookTwitter