プロ向けの映像・音楽ソフトウェアを開発する Divide Frame が、「音のPhotoshop」を自称するツール Spectral layers のデモを公開しました。Spectral Layers は音声データを周波数スペクトルとして扱うオーディオエディタ。高度なフィルタや選択ツールによって特定の声や楽器を抜き出し、レイヤーとして重ね合わせたり取り除いたりといった操作ができることを売りにしています。

実際の操作やデモの様子は続きに掲載した紹介動画をどうぞ。フォトレタッチやCGで迫真の嘘画像が作られてゆく過程に似た驚きを味わえます。Spectral Layers は現在 alpha stage 2 の段階で、コードは一般には未公開。製品版は Windows / Mac 両プラットフォームでリリースされる予定です。
紹介動画。


こちらはマルチチャンネルツールの紹介。