これまでにダウンロードしたアプリの数を覚えてますか。アップルは App Store でのアプリダウンロード数が累計150億回に到達したと発表しました。アップル自慢のアプリストアが取り扱うアプリの数は現在42万5000以上、当初はバラエティ不足が伝えられた iPad ネイティブアプリも、いつの間にか10万以上となっています。アップル、フィル・シラー氏のコメントは「42万5000のクールなアプリを、2億人以上のiOSユーザに提供し、150億ダウンロードを超えたことについて、素晴らしい開発者たち全員に感謝している」。これまで開発者に還元された金額は25億ドルを超えるとのこと。増え続けるユーザ、開発者、アプリ、そしてお金。これぞエコシステムです。