Google+ でディスク容量あふれが発生、通知メールがspam化

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2011年07月12日, 午後 06:07 in google
0シェア
FacebookTwitter
Vic Gundotra

先日から招待制でフィールドトライアルが始まった Google+ の小ねた。Google+の通知 (どのサービスにいても右上に表示されるあれ) が繰り返し届く現象が発生していたことについて、Google のソーシャル系担当シニアVPである Vic Gundotra 氏が説明し謝罪しています。Google+ 上のパブリックメッセージとして掲載された説明によると、サーバ上でNotificationsを管理するサービスのディスク容量が約80分間にわたって溢れてしまい、すでに送った通知を送信完了として反映できない状態が続いたため、繰り返し送信が続くspam状態になってしまったとのこと。

弱小企業の自前サーバならともかく他ならぬGoogleがディスク容量不足で失敗とはなんとも格好のつかない話ですが、Google+ は参加者を限定したテスト中ということもあり、サービスが盛況すぎて落ちたというよりは単なる設定ミスだったようです。一方、事情を説明する投稿は " +1" ボタンが +2000超、共有も1000+名など、来るべき正式オープンに備えてこちらのほうが有効なテストになっていそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: google, google plus, GooglePlus, vic gundotra, VicGundotra
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents